このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

配偶者等からの暴力を理由に避難している方の特別定額給付金について(申出期間4月30日まで)

更新日:2020年4月27日

配偶者等からの暴力を理由に稲城市へ避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に稲城市に住民票を移すことができない方や、令和2年4月28日以降に発生した配偶者等からの暴力を理由に避難している方で、一定の要件を満たす場合は、稲城市役所へお申し出ください。
所定の手続きをしていただくと特別定額給付金(一人10万円)を稲城市より受け取ることができます。

措置の内容

世帯主でなくとも、同伴者の分も含めて、稲城市で特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
手続きを行った方とその同伴者の分の給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても世帯主には支給されません。

対象となる要件

次の1から3のいずれかに該当する方
1.配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
2.婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
3.令和2年4月28日以降に稲城市へ住民票が移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

手続方法

「申出書」に次の1から3のいずれかの書類を添付して、稲城市役所までお申し出ください。
1.婦人相談所が発行する証明書
2.配偶者暴力支援センターや市町村等が発行する確認書
3.保護命令決定書の謄本又は正本
注釈:同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。
注釈:令和2年4月28日以降に稲城市へ住民票が移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっている方は、添付書類は不要です。

申出の期間

令和2年4月30日(木曜日)まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)
注釈:令和2年4月30日(木曜日)を過ぎても「申出書」を提出することはできます。

申出書等

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない場合は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせ

稲城市役所
電話:042-378-2111

本文ここまで
このページの先頭へ

サブナビゲーションここから

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ケイネヒニ゙ハクセヤレマ゚ハモニオ